みなさんも同じ立場であれば、入学祝に手紙やメッセージカードが添えられていると嬉しくなると思いますね? 文章が短くても、「おめでとう」とか「がんねってね」という言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)が書かれているだけで、もらった方は嬉しくなるはずです。 その為に、もし、可能であれば、入学祝に手紙やメッセージカードを添えた方が良いでしょう。 では、どのような言葉(同じことでも言う人によって、また、聞く人によってかなり受け取られ方が畭なるものです)を添えれば良いのでしょうか? 特にルールはありませんが、文章(読む能力と書く能力は全く違うなんていいます)や内容を子供の年齢に合わせることが大切です。 小学校の入学祝であれば、堅苦しい言葉を使用するよりも、幼い子どもでも分かるような話し言葉を使ってください。 それに、自分で読めるように、漢字は使わずにひらがなで書きて下さい。 中学校や高校の入学祝なら、堅苦しい言葉や難しい漢字を使用してもよいですが、無理矢理堅苦しく偉そうに書く必要はないですよね。 また、文章例を書き写したようなありきたりな言葉ではなく、自分の言葉で率直に伝えた方が相手に気持ちが伝わりますー